松山市(愛媛県)の歯科(歯医者)正岡歯科医院です。歯周病の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

歯周病

歯周病とは歯周組織に起こる病気で、かつては歯槽膿漏と呼ばれていました。

歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている「歯周病菌(細菌)」に感染し、歯肉が腫れたり、出血したり、最終的にはひどくなると歯が抜けてしまうこともあります。最近では原因が細菌類と真菌類(カビ)の混合感染症という考え方があります。従来の方法(歯磨きや歯石の除去、あるいは歯肉を切るなどの外科手術等)だけでは歯周病が治らない患者さんに対して、「歯周内科」と言われる治療で90%以上の有効率で治すことができます。「歯周内科治療」という方法で後述します。

又、この病気は糖尿病や高血圧といった成人病と同じようにSilent Disease(サイレント・ディズィーズ。足音を忍ばせて静かに進む病気の意)といわれ、痛みもなく、知らず知らずのうちに進んでいきます。日本人の成人約80%が歯周病にかかっているといわれています。

歯周組織

次の4つの組織が共同してつくっています。

歯周組織

  • 歯根膜(しこんまく)―歯根と歯槽骨をつないでいる繊維組織。
  • 歯槽骨(しそうこつ)―あごの骨のうち、歯根を支えている部分。
  • 歯肉(しにく) ―歯槽骨を覆って保護している粘膜。
  • セメント質 ―歯根の表面を覆っている組織。

歯周病では炎症によりこの歯周組織が破壊されるため、歯を支えることができなくなります。

歯周病になっているかセルフチェックしましょう

  1. 歯を磨いたときに血が出る。
  2. 歯肉の色が濃い赤や紫色。
  3. 朝起きたときに口のなかがネバネバする。
  4. 体調がよくないときなどに歯が浮く感じがする。
  5. 歯肉が盛り上がっている。
  6. 歯と歯の間にものが引っ掛かりやすくなった。
  7. 腫れた歯肉を押すと膿が出る。
  8. 腐ったような口臭がある。
  9. 歯肉が後退し、歯が長く見えるようになった。
  10. 歯がグラグラしてものが噛みにくくなった。

あとの番号になるほど進んだ症状です。ひとつでもこんな症状があったら当院へご相談ください!

歯周病になっているかセルフチェックしましょう

当医院での歯周病の治療の流れ

①軽度の歯周炎ならば上述の流れに従って実施すれば良くなります。

特に、歯周病予防、治療ともに基本となるのが「プラークコントロール」です。「プラークコントロール」とは歯周病の原因である「歯垢(プラーク)=歯周病菌」の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用して磨き残しがないようにします。歯科衛生士が懇切丁寧にお教えいたします。

②<スケーリングルートプレーニング>

再度、検査(歯周基本検査2)を行い、普通の歯石取りでは除去できない深いところに歯石がついているかを確認し、ついている場合は麻酔をして取ります。

③再々度、詳しい検査(歯周精密検査)を行います。

以前はこの検査の後で改善しない場合、メスで悪い部分を切り取って取り除く外科手術を行っていたのですが、「歯周内科治療」をすることによって90%以上の頻度で外科手術が減少しています。

当医院での歯周病の治療の流れ

(※1)歯石をとる前には、必ず歯肉と歯を支えている骨との関係を調べるための検査(歯周基本検査1)を行い、現在のお口の状態をご説明いたします。また、必要に応じてお口の中の菌の状態を検査し、カウンセリングルームにてご説明いたします。
(※2)全体の歯石をとってから1~2週間後に再検査を行って改善が認められるとメインテナンスに入ります。
(※3)歯周基本検査2の結果あまり良くない場合はスケーリングルートプレーニング(SRP ; 歯肉に隠れて歯の根にくっついている歯石をとること)、歯周ポケット掻爬(歯肉の内面にできた病的組織をとること)をいます。
(※4)歯周精密検査の結果、改善が認められなければ、歯周外科処置を行うことがあります。
(※5)定期的(3~6ヵ月ごと)に一度、歯石をとられることをお勧めいたします。

歯周内科治療とは?

簡単に言うと「お口(歯周病)の除菌治療」です。

除菌方法は、モニターを用いた「顕微鏡検査」によりお口の細菌や数などを検査し、その細菌にあう飲み薬や歯磨き粉を用いてお口のなかをきれいに除菌するので確実です。

歯周内科治療方法

この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

① 歯科用位相差顕微鏡システム(Picoral・ピコラル)による菌の確認

① 歯科用位相差顕微鏡システム(Picoral・ピコラル)による菌の確認

① 歯科用位相差顕微鏡システム(Picoral・ピコラル)による菌の確認2

Picoralの歯科用位相差顕微鏡システムは、国際歯周内科学研究会の全面協力のもとに開発された、高精度の歯周病原菌の検知性能を有する最新のシステムです。 オリンパス社製の優れた解像力とコントラストを実現する世界トップレベルの光学系対物レンズを採用し、口腔内細菌観察に最適な20倍と40倍と標準搭載しており、画質には定評があります。

② 細菌の除去薬剤の内服

位相差顕微鏡の検査により、歯周病菌が多数認められた場合は、抗生剤を服用し、除菌を行います。

③ カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤(ヒノペリオ)での歯磨き

「ヒノペリオ」は、歯周病の治療・予防に非常に有効な薬用成分(ヒノキチオール・イソプロピルメチルフェノール)を含んでおります。カビのいない方にもおすすめの歯磨き剤です!お口の中がさっぱりします!

③ カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤(ヒノペリオ)での歯磨き

薬用成分
抗菌作用
1.ヒノキチオール
 歯周病の発症に関与する細菌に対して幅広い抗菌作用を示し、歯周病を予防します。
2.イソプロピルメチルフェノール
 殺菌作用により、歯垢の形成を抑え、むし歯・歯肉炎を予防します。また口臭も防止します。
抗炎症作用
3.グリチルリチン酸ジカリウム
 抗炎症作用を示し、歯肉の炎症を予防します。
再石灰化促進作用
4.フッ素(モノフルオロリン酸ナトリウム)
 歯の再石灰化を促進して歯質を強化し、むし歯の発生及び進行を防ぎます。
歯石沈着の予防
5.ゼオライト
 歯石の沈着を防ぎ、吸着作用により口臭を予防します。
天然素材収斂剤
ウラジロガシエキス
植物のウラジロガシ由来の成分で、口腔内に収斂性を与えます。

④ 除去後の歯石取り

特に①は、非常に重要なポイントです。位相差顕微鏡でお口の菌を確認しなくてはなりません。歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、或いは非常にきれいなのか。位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができません。

歯周内科治療による菌叢の変化

     
歯周内科治療による菌叢の変化 歯周内科治療による菌叢の変化
治療開始時の汚れた菌叢 治療開始1週間後のキレイな菌

効果

効果

  1. 歯磨きの時の出血がなくなる。
  2. 歯肉の色が健康なピンク色になる。
  3. 朝起きたときのネバネバ感がなくなる。
  4. 歯肉がひきしまり歯肉を押しても膿(うみ)がでなくなる。
  5. 腐ったような口臭がなくなる。
  6. 歯が浮いた感じがなくなる。
  7. 歯がグラグラしてものが引っ掛かったりして噛みにくくなったのがかめるようになる。

歯周内科治療による1週間後の症状の変化

歯周内科治療によるお口の中の変化

     
歯周内科治療によるお口の中の変化 歯周内科治療によるお口の中の変化 歯周内科治療によるお口の中の変化
初診 お薬を飲んでから1週間後 1週間後の歯石取り後

歯周病は薬で治る

当院は国際歯周内科学研究会に所属し、本法の研鑽を積んでおり、日々の診療に活用しております。詳しくは「歯周病は薬で治る!!」(現代書林)をご覧になっていただくとよく分かります。(当院も掲載医院です)

歯周病で悩んでおられる方へ
歯石を定期的に取り、いくら歯ブラシで一生懸命磨いても歯肉が良くならない方、あるいは重症で全体の歯がグラグラしている方は歯周内科治療によって画期的によくなることがございます。当院へ一度ご相談ください。

メインテナンス

歯周病は治療が終わってからが大切です。毎日のブラッシングと規則正しい生活習慣、定期検診が必要です。当院では、ハガキにて定期検診のご案内をさせていただいております。

定期検診を受診された方とそうでない方の歯の本数の違い

メインテナンス