リドスプレーにも副作用はあるのか?男性器への悪影響は?

リドスプレーは男性器にとって安全な早漏改善スプレーなのでしょうか?

大事な性器にスプレーするなんて、たとえ医薬品成分がだからと言われても不安に感じますよね。

外用薬であるため人体への悪影響はほとんどないといわれていますが、医薬品成分を配合しているため副作用はあります。

どのようなお薬にも副作用があるように、リドスプレーにも副作用があるということをしっかりと把握しておきましょう。

かゆみやかぶれ、発疹が副作用!

痒みの副作用

リドスプレーは外用薬のひとつなので、副作用も身体全体にというよりは塗布した場所に副作用が発現します。

・かゆみ
・かぶれ
・発疹

といった副作用があり、このような症状が発現した場合はすぐさま成分を洗い流しましょう。
外用薬なので、内服タイプと違って副作用が発生する頻度は低いといわれています。
しかし、身体との相性もあるのでかゆみやかぶれを生じた場合はすぐにでも洗い流した方が良いでしょう。

副作用の対処法はあるのか?

副作用の対処法

リドスプレーのかゆみやかぶれ、発疹といった副作用を生じた場合、どのようにして対処すればいいのでしょうか?

通常、皮膚にかゆみやかぶれが生じた場合は炎症を抑えるためにステロイド外用薬や、かゆみを抑制するために抗ヒスタミン薬が用いられます。
しかし、リドスプレーのメーカー元は副作用の対処法を詳しく記載していないので、素直に医療機関へかかったほうがいいといえますね。

安易に市販されるかゆみ止めを性器に塗ってしまうのは、賢明な選択ではありません。

リドスプレーも医薬品成分を配合している立派な外用薬です。
併用してはいけないお薬もあるので、副作用を発現してしまった場合はすぐにでも病院で診察を受けましょう。

強いて言うなら、リドスプレーを使用する前に一度太ももや二の腕を使ってパッチテストを行っておいた方が良いといえます。

重い副作用はある?ない?

重い副作用

リドスプレーの有効成分・リドカインには、他のお薬と同様に発生頻度は不明ですが重い副作用があります。

【リドカインの重篤な副作用】

アナフィラキシーショック、徐脈、不整脈、血圧低下、呼吸抑制、チアノーゼ、意識障害、心停止、ショック状態、振戦、痙攣、中毒症状など。

商品であるリドスプレーには重い副作用の記載はありませんが、こういった医薬品を使用する場合には有効成分に着目した方がいいといえます。
記載はなくとも、有効成分だけでみると重い副作用があるなんてことはザラにあります。

もちろん、重い副作用を生じる危険性は100%ではないため、過度に心配する必要もありません。

アナフィラキシーショックとは?

アレルギー持ちの方ではなくとも、アナフィラキシーショックという単語は耳にした経験があるはずです。
特定の薬剤、または食べ物、物に触れた場合に起こるショック症状です。
数分~数時間以内に皮膚や粘膜の症状が発現して、呼吸音がヒューヒュー・ゼーゼーとなったらアナフィラキシー症状を引き起こしているといえます。

皮膚症状はかゆみや蕁麻疹、皮膚の発赤、まぶたの腫れが一般的です。
リドスプレーはかゆみとかぶれの副作用があるので、その症状に加えて呼吸器系の副作用が発現したら要注意ですね。

意識障害とは?

意識障害とは、意識がない状態のことを指します。
たとえば、軽度な順から言うと傾眠、昏迷、半昏睡、昏睡という風になります。
傾民が一番軽い意識障害で、一番重く救命措置が必要なのは昏睡状態です。
昏睡状態に陥ると、意識が全くなく周囲からの呼びかけにも反応しません。

リドスプレーで意識障害を引き起こすといわれてはいませんが、リドカインの重い副作用ではあるので「こんなのもあるのか」程度には覚えておいた方が良いかもしれません。

不整脈はどんな脈?

不整脈とは、脈の打ち方が早くなったり遅くなったりする現象。
早い脈を頻脈といい、遅い脈を徐脈といいますが不整脈はこの2つが混じった脈で不規則なのが特徴です。

もともと不整脈ぎみの人は慣れていると思いますが、いつもは正常な脈拍なのに急にドキドキしたり息切れしたりした場合は、不整脈の副作用を疑った方がいいですね。

使用後に異変を感じたら医療機関へGO!

医療機関へ行こう

リドスプレーを使用してから身体の異変を感じた場合は、性行為を中止して病院へかかること。
「雰囲気が台無しになる!」とはいっていられません。
何よりも優先すべきは自分の身体です。
特にリドスプレーは海外製品なので、100%安全とはいえません。そもそもリドカインの含有量があなたに合っていないというパターンも考えられることもあるんです。

体調が少しでもおかしいと感じた場合は、迷わずに医療機関で専門医による診察を受けるようにしましょう。
おすすめは泌尿器科です。近くにメンズクリニックがある場合は、そこで相談してみましょう。